ラタトゥイユとはどんな料理?いつ食べるものなのか?再利用方法は?

f:id:mac-dou:20210715214732p:plain

 

おしゃれなのに家でも簡単に作れてしまいそうな料理の1つにラタトゥイユがあります。

 

ラタトゥイユは主に夏の野菜っをオリーブオイルで炒めてトマトで煮た料理のことを言うため、特に具材が決まっているというわけではありません。

 

本場フランスでは夏野菜のトマトで炒め煮にした料理であるため、言うまでもなく夏にお家で食べるものであり、お店で買うよりは作ってしまうことのほうが多いようです。

 

そんなラタトゥイユはアレンジレシピも豊富で、オムライスなどのソースとして使うもよし、ドリアにしてもよしと、野菜がいっぱい入っているからこそ楽しめる料理がたっぷりあります。

 

おしゃれで便利なラタトゥイユ、ぜひ様々な季節でも活用していきたいですよね。

 

 

 

 

 

 

ラタトゥイユとはどんな料理?

 

 

ラタトゥイユとは、夏野菜をトマトとオリーブオイルで炒め、そのまま煮込んで作る料理です。

 

フランス南部の郷土料理であり、基本の野菜として玉ねぎやナスなどを使うことが多いようです。

 

ただ煮込むだけでなく、香草をふんだんに使い、ワインなどで煮込むとかなり本格的な料理の1つと言ってしまってもいいでしょう。

 

お家によって材料が変わるほか、入れる香草の配分やタイミングなども異なってくるため家庭料理として、そのお家独特の味付けになることも少なくないんですよ。

 

ラタトゥイユの語源はかき混ぜる、という意味のフランス語で、当時は何でもかんでも入れて粗末な料理として扱われていたため、今のようなおしゃれでおいしいというイメージはまったくなかったと言われています。

 

当時は古くなった野菜なども入れられており、本当にごった煮で季節感も味も無い、とにかく質素というより粗末な料理だったというのはなかなか信じられませんよね。

 

現在は新鮮で清潔な野菜をたっぷりと香草やワインで煮込んであるため、フランスの代表的名物料理として浸透するようになりました。

 

日本では様々な食材が年中入るため、これらの野菜の他にも、お店によってこだわりの野菜を入れて作っているお店も多く、お手軽なお惣菜だけどおしゃれで手が込んでるといった、二重のイメージがある料理となりました。

 

 

 

ラタトゥイユっていつ食べるもの?

 

 

ラタトゥイユは材料の関係で、やはり夏に食べるものである事がわかります。

 

今は様々な野菜や食材がデパートや市場などに集まるため、年中作ることができる料理なのですが、はるか昔は材料を手に入れられる期間は限られていたため、年中作ることはできませんでした。

 

そのためやはりいつ食べるとおいしいか、で考えると、旬の夏野菜をたっぷり使って食べることができるラタトゥイユは夏に作って食べるのが最もおいしい料理であると言えるでしょう。

 

フランスの暑さは日本ほどジメッとしている天候ではないため、温かいままか常温で食べることがほとんどです。

 

しかし日本の夏はとにかく熱くてムシムシするということ、そして年中食べることができることから、温かいか、常温か、冷たいかと、とにかく様々な方法でラタトゥイユを食べる人が多いです。

 

もちろん昼間に食べるもよし、夜におかずの付け合せとして食べてもよしであり、決まった時間や温度はラタトゥイユには無いと考えていいでしょう。

 

野菜で作られている料理ですので食べやすく、どんな肉や魚にでも付け合せとして盛り付けることができる他、パスタやそうめんの上に乗せて食べる方法でも食がどんどん進むのが嬉しいですよね。

 

 

 

ラタトゥイユの再利用方法って何かある?

 

 

ラタトゥイユのアレンジ方法としては、煮詰めてソースや野菜として使う方法か、薄めてスープとして使う方法が一般的です。

 

またラタトゥイユの中に入っている野菜も、そのまま使うか、刻んで使うかのどちらの方法でもおいしくアレンジができますよ。

 

グラタンやドリア、オムレツ等を作る場合は具材の大きさもラタトゥイユの濃さもお好みで使うことができるため、食べごたえが欲しいならばそのまま、他にも具を足そうというときには刻んで使うと使い分けができて頼もしい味方となります。

 

再利用として忘れてはいけないのが温度、温かくしても冷たくしても、そうめんやパスタ、サンドイッチの具としても再利用できるため、よほどの量を作らない限りは短期間で食べ尽くしてしまう事間違いなしです。

 

人気のレシピは先程もご紹介したグラタンやドリアです。

 

ラタトゥイユはトマト味ということでチーズによく合うため、ラタトゥイユの上に溶けるチーズを置いてレンジで温めるだけでも、味わい深いおつまみが出来上がります。

 

パンを作る人はパン生地で包んでもおいしくアレンジができますよ。

 

同じ温めるでも、チーズを乗せたり焦げ目を付けたりと様々な方法がありますので、ぜひ一度は様々なアレンジを楽しんでみましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

ラタトゥイユはフランスの家庭料理で、夏野菜をオリーブオイル等で炒め、それをトマトと香草で煮込んだ料理です。

 

そのため旬は夏なのですが、最近ではいつでも様々な野菜が購入できるため、年中楽しめる家庭料理となりました。

 

肉や魚、米や麺類など様々な食材に合わせることができるため、使う機会も非常に多く優れた常備菜の一つと言ってもいいでしょう。

 

アレンジ方法としてはチーズと一緒に炙って食べることで、香ばしくメインディッシュにもなるだけの実力を持ち合わせています。

 

様々なアレンジレシピを活用しつつ、ラタトゥイユの野菜の美味しさをたっぷり満喫しましょう!