高級食パンの食べ方はバターで!ブームはなぜ起きた?終わるのはいつ

f:id:mac-dou:20210715215036p:plain

 

高級食パンの食べ方、あなたはどのように食べていますか?

 

ジャムを付けても良いのですが、一番人気がある食べ方はバターをたっぷり使ったもので、高級食パン専用に高級なバターを購入している人も少なくありません。

 

そもそもなぜ高級食パンのブームが起きたのかと言うと、普段食べている食パンという存在に、プラスアルファするだけで特別な食パンを食べることができるという、非日常的な経験が可能な部分が大衆に受け入れられたからだと言われています。

 

高級食パンブームが終わるときがいつかは来るのでしょうが、実は水面下では既に高級食パン専門店の戦いは始まっており、廃業した食パン屋さんも出てきているという噂もありました。

 

そんな高級食パンについて少しご紹介していきましょう!

 

 

 

 

 

 

高級食パンの食べ方はバター派が圧倒的!

 

 

高級食パンといえばやはりふわふわでモチモチとした、通常の食パンにはない味わいがきちんと感じられるのが特徴です。

 

そのためやはり一度は買ってきたままの食パンをちぎって食べたという人も結構多いんですね。

 

ただせっかく購入した高級食パンですから、そのままちぎって食べるだけではもったいない、ということで、高級食パンをどのように食べているのかを調べてみると、やはり基本のバターを、焼いたパンの上にたっぷりと乗せて食べる方法が人気でした。

 

ジャムパンで食べる方法もあるのですが、どちらかといえば口の中でとろけて、パンの味が後から感じられるバター派の人が多いみたいなんです。

 

特にバタートーストのプロの方は焼き方からこだわりがあり、日の通りにくいパンの底がトースターの奥にいくように入れてセット、取り出したらすぐにバターを塗るとパンにバターがしっかりと染み込みます。

 

バターにも色々あるのですが、特別に高級食パン用の高級バターを用意するもよし、安いバターを思い切り塗るのもよしと様々な楽しみ方ができますね。

 

現在はバター用のシュレッダーというものもありますので、高級食パンを食べる機会が多いという人は試してみるのもいいでしょう。

 

 

 

高級食パンブームはなぜ起きた?

 

 

それにしてもなぜ高級食パンはここまでのブームになったのでしょうか、それには2つの大きな要因がありました。

 

1つはちょっとした非現実感を簡単に味わえるという点です。

 

高級食パンを購入するためには、時には並び、少しお高いお金を出さなければなりません、が、購入した後はいつも食べている食パンより柔らかく、よりおいしいという特典を手に入れることができます。

 

ポイントはこの特典の部分で、遠出ができない、そこまでお金を使いたくないという人はいつもの食パンにプラスアルファの金額を出すことで、とても美味しい食パンを食べる、という非現実感を味わうことができてしまうのです。

 

そう考えるとやはり並んで購入することに価値を見出す人も数多く、お手軽においしいものを食べることができることがブームに火を付けたといえます。

 

もうひとつはお土産として使いやすく、手軽である点が挙げられます。

 

食パンとしては高級ではあるのですが、ちょっとした手土産に持っていくとした場合、高級食パンは値段も手軽で話題性も十分であるというメリットがあります。

 

高級食パンは話の種にもなるアイテムですし、手軽に食べてねと言えることは送った側にとっても、気を使いすぎないで良いという、双方にとって便利なお土産品となります。

 

この2点が高級食パンを買おう、という購買欲をさらに刺激して、空前の食パンブームとも言える現在の状況が生まれたんですね。

 

 

 

高級食パンブームは終わる時が来るのか

 

 

買い手側からすると高級食パンブームはまだまだ終わらないように感じます。

 

しかし高級食パン業界の水面下では、パン屋さんがたくさん倒産しているのです。

 

コンビニでのパンの販売、人件費、薄利多売のシステムはどうしてもパン屋さんにとって不利な状況を作り出している他、パン屋さんは数多く競争率が元々高いことから、お客さんを取られてやむなく閉店するという状況も珍しくありません。

 

これは高級食パンも同じで、ブームに乗って乱立していき、どんどん新しい高級食パン屋さんに流れていってしまい、閉店をせざるを得ない状態になります。

 

高級食パンブームはまだ終わったという状況ではありませんが、落ち着きを取り戻しておとなしくなっていって言うことも事実です。

 

そのため高級食パン専門店が建てば建つほど客が分散していってしまい、そのままお店の方が力尽きてしまう方が早いと考えることもできますよね。

 

ブームが終わってしまうのが先なのか、食パン専門店が力尽きてしまうのが先なのか、どちらが先なのかは誰にもわかりません。

 

だからこそ尚更業界側も必死に店舗を展開していっている最中なのです。

 

ブームの終わりはある時急にやってきます、飽き性の人も少なくありませんので、今ほどの売上をキープしていくのは難しいお店も多くあります。

 

お好きな高給食パン屋さんは定期的に利用しておきたいですよね。

 

 

 

まとめ

 

 

高級食パンの食べ方はなんと言っても焼き立てパンにバターをたっぷりと塗る、という食べ方が人気で王道とされています。

 

確かに食パンの甘みに、バターのしょっぱさやほんのり感じる牛乳の味が映えて、不思議ととても美味しくなるんですよね。

 

高級食パンブームは日常にちょっとしたお金をプラスすることで、簡単に確実に体験ができる非日常感を体感できるという部分から、一気に人気が広がりました。

 

ブームはいつ終わってしまうものなのかは、今のところは誰にもわからない部分ではありますが、元々パン屋業界は入れ替えが激しい業界ですので、ある時急に利用していたお店が閉店した、ということも少なくありません。

 

悔いのないようにできるだけ頻繁にお店に通っておきたいですね。