グラノーラの食べ方はそのままや牛乳以外でもおいしい?温かいのは?

f:id:mac-dou:20210930161458p:plain

 

近年グラノーラ人気が高いですよね。

 

その人気の秘密はなんといっても牛乳をかけて食べるその食べ方!

 

手っ取り早く美味しく栄養が取れるということで人気が高いことがわかります。

 

そんなグラノーラにも様々な食べ方があり、そのまま食べる人、牛乳以外のものをかけて食べる人、そして温かい状態にして食べる人など、その方法も実に様々なんです。

 

そのまま食べる人は少数派ではありますが、その他の牛乳をかける以外の方法で食べる人は結構多く、様々なレシピが掲載されていました!

 

ここではグラノーラの様々な食べ方についてご紹介していきますね!

 

 

 

 

 

 

グラノーラの食べ方でそのまま食べるのは少数派?

 

 

牛乳をかけて食べることが多いグラノーラですが、そのまま食べるという人もいます。

 

もちろんこの食べ方も、グラノーラの会社ではアリ!として紹介されているのですが、意外にもそのまま食べる派はほとんどいないと言われています。

 

具体的には全体の1割とも言われているほど少数派らしいのですが、意外にもその数は多く、グラノーラを食べる人の、全体の三分の一弱の人がそのままスナック菓子のように食べているんですって。

 

でもせっかく牛乳をかけて食べる、とされているグラノーラを、そのまま食べるメリットはあるのでしょうか?

 

そのままスナック菓子のようにグラノーラを食べるメリットとして、実際にそのまま食べている人の話によると、何よりもカロリー計算が楽!というのが一番だと言います。

 

確かにグラノーラの栄養成分表示には一食分50グラムのカロリーや栄養素を基準に表記されているので、お皿にざっと測って入れた分そのままが摂取カロリーになります。

 

牛乳を入れたりヨーグルトを入れたりすれば、その分のカロリーも計算しなければならないので、確かにめんどくさいかもしれません。

 

もう一つのメリットとしては、このお皿に持ったグラノーラをそのまま食べることで、意外にも硬さが強いグラノーラを噛んだ!という満足感を得ることができます。

 

噛んでみると思っていた以上の甘さを感じられるグラノーラですから、歯ごたえと合わせてしっかりと満足感も2倍になりますよね。

 

何より余分な味がいらない人にとっては、グラノーラの甘さをしっかりと感じ取ることができる利点があります。

 

 

 

グラノーラの食べ方で牛乳以外の食べ方もあるの?

 

 

グラノーラをそのまま食べる、牛乳で食べる方法がここまで上がっていますが、では他にも食べ方ってあるのでしょうか?

 

メジャーなのはヨーグルトをかける方法でしょう、他にもフルーツを加えることでアサイーボールなどに、ヨーグルトの種類を変えることで食感変更にと様々なアレンジをすることができるため、重宝します。

 

夏季限定のアレンジとしてはかき氷に乗せるという食べ方があります。

 

ミルクのかき氷など基本形にもアレンジをすれば、更に美味しくかき氷を楽しめそうですね。

 

パン類に乗せるという方法もありました、フレンチトーストやホットサンド、ハニートーストなどに載せて食べることで、食感や味の感じ方が大きく変わってくるので、癖になってしまうんですって。

 

お菓子作りが好きな人はクッキーを作るときに入れたり、溶かしたチョコレートに入れて固めたグラノーラチョコバーを作ってみましょう。

 

こちらは健康的なお菓子として紹介されているのですが、食べすぎてしまうかも。

 

他にもグラノーラを入れたパン生地を焼く、オートミールと混ぜる、かけるものを変える、フルーツを混ぜるなどなど、様々な食べ方がありました!

 

グラノーラの公式サイトではトマトジュースや、和風だしを混ぜた牛乳などをかける方法や、肉や魚と合わせる調理方法なども紹介されています。

 

いつものグラノーラの食べ方に飽きてしまったら、ぜひ挑戦してみたいレシピばかりです!

 

 

 

グラノーラの食べ方に温かいものもあるって本当!?

 

 

グラノーラの食べ方には、もちろん温かいものもあります。

 

ご飯や魚・肉に混ぜて使う方法の他、ホットグラノーラと言われる食べ方もあるんですよ。

 

ホットグラノーラはホットミルクでグラノーラを食べる方法なのですが、残念ながら賛否両論となっており、合わない人には全く合わないというレシピとなってしまっています。

 

そのため寒い朝などに食べる時は、甘くないスープやサラダ、先程のトーストに乗せるなど別の温かい食べ方を試してみたほうが良さそうです。

 

おすすめはホットケーキです、混ぜ込むのではなく、焼くときに散りばめる方法なので食感があまり変化しませんし、温かい食べ方としてはかなり優秀な方法と言えるでしょう。

 

カロリーを増やしたくない場合はスープがいいですね。

 

トマトジュースときゅうりと一緒にグラノーラにかければ、ガスパッチョ風になりますので、常温で美味しくいただけます。

 

お好みで温めて作ると更に美味しくなりますよ。

 

グラノーラを温めて食べる方法はかなり好き嫌いが分かれてしまうのですが、実際に温かくして食べる方法は存在しており、意外にもレシピも数多くあります。

 

肉料理魚料理のソースや、マフィンホットケーキなどに入れて焼くといった方法もありますので、最初にチャレンジする時は、こういったレシピから挑戦してみましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

グラノーラの食べ方として、牛乳をかけるのが一般的な方法と言われていますが、意外にもそのまま食べる人も少なくありません。

 

牛乳やヨーグルトをかけるより歯ごたえがよく、カロリー計算が楽なので、意外にもそのまま食べる人は全体の三分の一と数が多くなっています。

 

他にも食べ方は様々で、牛乳やヨーグルト側をアレンジするもよし、果物を入れてもよし、おかずやパンなどにアレンジする方法もありましたね。

 

個人によって好みもグラノーラの食べ方も様々、色々な食べ方やアレンジに挑戦して、自分好みのグラノーラの食べ方を開発してみてください!