チルド麺とは何?おいしいって本当?アレンジレシピとはどんなもの?

世の中には様々な麺が登場しており、お世話になっているカップ麺などもその1つですよね。

 

そんな中最近ではチルド麺と言われる麺が注目されるようになってきました。

 

チルド麺はいうなれば生麺のことで、麺類を作った後、未加工の状態で流通しているものを言います。

 

当然ながらそのままの麺ですので、特別な調理法は必要なく、コツを覚えてしまえばおいしい麺なんです。

 

チルド麺は調理が面倒そう…というイメージはありますが、簡単でおいしいアレンジがありますよ。

 

チルド麺について様々な部分からご紹介していきます!

 

ちょっとしたコツを覚えておいしい生麺生活を送りましょう!

 

 

 

 

 

 

チルド麺とは一体何?未加工の生麺

 

 

チルド麺とは未加熱、未乾燥の、加工をしていない麺を言い、生麺とも言われています。

 

うどんなどは冷凍されているものが多いのですが、こちらは冷凍生麺と言われています。

 

広い意味ではゆでめんや油揚げめん(いわゆるインスタント麺)も生麺に入るのですが、厳密には加工が施されているため、チルド麺とは言いません。

 

チルド麺には様々なタイプが有り、中華麺、うどん、そばもチルド麺には存在しています。

 

そのためそのまま食べる方法もあれば、加工を施して食べる方法など食べ方が無数にあるという利点があります。

 

しかしながらチルド麺の殆どはラーメンであり、麺だけのパックにお好みのスープのパックを組み合わせて、自分だけのラーメンを作るのが最も売り場では一般的な組み合わせと言えるでしょう。

 

身近でわかりやすいもので見てみると、炒め焼きそばがチルド麺にあたります。

 

中華麺を炒めて調味料を混ぜるだけで焼きそばになるこの手軽さは、一人暮らしでも大家族でも美味しく食べることもできますし、なんと言っても長い歴史があるため、誰もが1度は食べている味のはずです。

 

最近ではナポリタンや瓦そばなども登場しているため、一度はお世話になっているのではないでしょうか。

 

 

 

チルド麺っておいしいの?癖になるほどおいしいものも

 

 

イマイチ商品名などがピンと来ていないとおいしいかどうかわからないチルド麺ですが、実際に商品を見てみると、これおいしいんだよね!と思う商品が多くあります。

 

しかしそれは今までその会社が作ってきた味だからこそおいしい、という理由かもしれません。

 

そこで違う商品に目を向けてみると、やはりチルド麺で中心になってくるのは、なんと言っても生ラーメンです。

 

ここで先程触れた、麺だけ発売しているラーメンの話が出てくるんですね。

 

多くの場合、スーパーなどの製麺関連の売り場では、細さや縮れなどの癖が異なった生麺(チルド麺)の他、スープも各地のご当地ラーメンの味を代表したスープがバラバラに販売されており、それらを選択してお好みの組み合わせでラーメンを食べることができます。

 

言うまでもありませんが、本当に癖になってしまうほど、今のチルド麺はおいしいんです!

 

それも最も、お好みの麺や味を選べるだけの多彩さがあるというのが何より嬉しいポイントですよね。

 

加えてラーメン以外にもうどんやスパゲティなど様々な麺がありますが、一番の生麺はやはりラーメンの麺でしょうか。

 

スープが多く用意されているだけではなく、使い勝手も非常にいいため、自宅で様々なアレンジがしやすいというのも人気の理由です。

 

 

 

チルド麺アレンジはどうしたらいい?

 

 

チルド麺のアレンジには様々なものがありますが、まずは正統派のラーメンアレンジを試して欲しいというのが第一です。

 

お好みの野菜や具材をたっぷりと入れて作るだけですので、お手軽に簡単アレンジが楽しめます。

 

基本的にチルド麺のアレンジはこのように、素材そのものを増やしたり、王道の味を楽しむ味わい方から始めましょう。

 

もともとおいしい麺ですので、もっと工夫に満ちたアレンジは、王道に飽きた頃からでも十分なのですから。

 

更にこだわったアレンジをしたい場合は、ちょっと変わった調味料や市販のお惣菜を乗せるといった工夫もしてみましょう。

 

塩ラーメンにナンプラーやパクチーを入れるとタイ風になりますし、普通の醤油そばに唐揚げを乗せるだけでも風変わりなアレンジに早変わりします。

 

ちょっとした具の工夫やひと味の変化で大きくアレンジができますので、様々な組み合わせのラーメンを試してみましょう。

 

うどんやパスタなども同様です。

 

基本はラーメンの麺と変わりませんので、冷やしや温、スープの変化、調味料の変化を加えることで十分なアレンジレシピを楽しむことができます。

 

1人用だけでなく多人数用のレシピを一緒に考えてみるとアレンジがはかどりますよ。

 

 

 

まとめ

 

 

チルド麺とは生麺とも言われるもので、茹でた後揚げたり凍らせたりといった加工をしていない麺のことを言います。

 

同じインスタントラーメンでも生麺の場合は調理が必要となるので、少し手間はかかりますが、この生麺の調理方法や販売方法に多様性が出てきたため、今注目の食材にもなっているんです。

 

お好みの麺にお好みのスープを組み合わせてラーメンを作ることができるような、バラ売りも製麺関連の売り場では展開されているので一度チェックしてみてください。

 

新たな生麺の世界が一気に広がること間違いなしです。

 

アレンジ方法も味を足す、具を足すといった基本からどんどん広げていくことができますよ。