富有柿の名前の由来は?有名な産地や味の特徴も!

f:id:mac-dou:20211204191644p:plain

 

秋になるとスーパーに並ぶ果物「柿」その中でも富有柿(ふゆうがき)は甘味が強くて美味しいですよね!

 

Amazonなどの通販でも、普段使い用のものから贈答用の高級品まで富有柿の詰め合わせ商品がたくさん並んでいて、人気のある果物だということがよくわかります。

 

この富有柿には長い歴史があるのを知っていますか?

 

この柿は岐阜県生まれで、名前の由来には富有柿に込められた願いがありました。

 

日本国内やアジアの国々ばかりではなく他の国でも富有柿が生産されているんですよ。

 

そんな富有柿の知らなかった!について詳しくご紹介していきましょう。

 

 

 

 

 

 

富有柿名前の由来は?中国の古典から!

 

 

富有柿のふるさと岐阜県では古くから柿の栽培が行われていて、江戸時代の「産物帳」には、岐阜県の地域にあたる美濃国での柿が49品種もあったと記されています。

 

明治後期には今の富有柿の元となる「富有」という品種が出てきます。

 

この品種は「富有」と名前が付く前には、岐阜県瑞穂市居倉にある小倉長蔵氏のお屋敷内の「居倉御所」という名前で呼ばれていた柿でした。

 

当時の岐阜の農業技術者であった福嶌才治という人が、この「居倉御所」を接ぎ木して改良を重ねていって品評会などに出品した結果、品種の良さが広く知られて多くの場所で栽培されるようになりました。

 

この「居倉御所」が、現在も岐阜県瑞穂市指定の天然記念物として保存され、「富有柿発祥の地」という石碑が建てられています。

 

「富有」は、中国の古典「中庸」にある「富有四海之内」という一節から名付けられました。

 

その意味は、徳(善や正義にしたがう人格的能力の事)があれば、その富は四海(天下)の内を有(たも)つ、というスケールの大きなものです。

 

素晴らしい古典から由来する富有柿は、名前に負けないで日本だけでなく、世界中至るところで数多く栽培されるようになって、広く世界中で愛される品種となりました!

 

 

 

富有柿で有名な産地は?日本だけでない!

 

 

富有柿で有名な産地を探していくと、一番新しいデータでは農林水産省の特産果樹生産動態等調査には、2016年の富有柿の生産地ランキングというものがあります。

 

そのランキングによると、1位が奈良県、2位が岐阜県、3位が福岡県、4位が和歌山県、5位が香川県です。

 

10年前のデータでは1位岐阜県、2位奈良県、3位福岡県と順位は変化していますが、上位3位までの県は変わらず、富有柿は岐阜県と西日本を中心に生産されています。

 

 

奈良県はあらゆる場所で生産していますが、特に吉野川流域にある五條市で富有柿が生産されています。

 

岐阜県は、富有柿発祥の地である岐阜県南西部にある瑞穂市を中心にして、隣接する本巣市・大野町など多くの地域で富有柿を生産しています。

 

福岡県は県の中南部の朝倉市・うきは市で富有柿の産地が多くあります。

 

和歌山県内の富有柿で有名な産地は、県北部にある伊都郡九度山町です。

 

香川県は、県中南部にある高松市・綾川町で生産されています。

 

また、海外でも富有柿が栽培されています。

 

世界の柿生産量ランキングは、1位中国、2位韓国、3位日本、4位ブラジル、5位アゼルバイジャンです。

 

この中でも韓国とブラジルでは富有柿を栽培しているので、日本だけでなく世界中に広まっているのです!

 

 

 

富有柿の味の特徴って?甘〜い!

 

 

柿には甘柿と渋柿があって、それぞれに二つのタイプに分かれています。

 

甘柿の中では、種がなくても渋みが抜ける「完全甘柿(富有柿、次郎柿)」種が多く入っていると渋みが抜ける「不完全甘柿(西村早生、禅寺丸)」があります。

 

渋柿の中では、種が入っていても渋みが抜けない「完全渋柿(西条、愛宕)」種の周りの部分だけ渋みが抜ける「不完全渋柿(刀根早生、平核無)」があります。

 

渋柿の渋みは水溶性タンニンが原因となっているので、それが不溶性タンニンに変化すると渋みがなくなって甘くなります。

 

水溶性タンニンから不溶性タンニンに変化させるには、アルコールや炭酸ガスの力で渋抜きをするんです。

 

また、渋柿は干し柿に加工することでも渋みはなくなります。

 

柿は砂糖を加えてジャムに加工したとしても渋みが残ってしまったり、甘柿だったとしても渋さが復活してしまうのは煮るだけでは渋抜きができないからなのです。

 

富有柿は「完全甘柿」です。

 

多くの柿の品種の中でも富有柿は甘柿の王様と呼ばれています。

 

王様らしく、平均糖度は1617度ですが、糖度が19度になる柿もあって、どのくらい甘いのかというと、メロンの中心部分の甘さなのだそうです!

 

富有柿は、果肉がしっかり詰まっていてトロッとした柔らかい食感で果汁が多いです。

 

 

 

まとめ

 

 

甘〜い富有柿は秋のスイーツとして欠かせません!

 

富有柿の由来が中国の古典だったなんて、当時名付けた人たちの並々ならぬ意気込みを感じました。

 

名付けた通りに世界中に広まっていて、この柿の味は様々な国に受け入れられているのだなあと感心してしまいます!

 

富有柿は糖度が高いものだとメロンの中心部くらいの甘さがあるなんて、驚きでした。

 

くし切りにしてそのまま食べてもとっても美味しいですが、食べごろを過ぎて柔らかくなってしまった柿は、凍らせてシャーベットのようにするのもおすすめなのだそうです。

 

美味しい富有柿をこれからも楽しみたいですね。