イノシシは英語でなんて言うの?いのしし年の特徴とは?対策に彼岸花

f:id:mac-dou:20211206010902p:plain

猪突猛進という言葉にも使われているように、イノシシはなんだか一直線に向かってきそうな、野性味の強い動物ですよね。

 

そんなイノシシは英語でboarといいますが、wild boarともいうんですって、やはり野生のような感覚は海外でも感じられるものなのでしょうか。

 

イノシシは干支のいのしし年としても活躍していますよね。

 

性格はまさにイノシシ、と言いたいところなのですが、正直な性格が強く、ちょっとした恫喝などでは屈しないという、野生の誇りを体現した性格なんです。

 

またイノシシ対策として彼岸花が有効なのはすでに研究結果が出ています。

 

詳しい内容についてご紹介していきましょう!

 

 

 

 

 

 

イノシシって英語でなんて言うの?

 

 

イノシシはboarといい、特に野生のイノシシのことをwild boarと言います。

 

しかしイノシシは一般的に野生のものなので、wildはつけなくても意味は通じます。

 

また家畜の豚ではなく野生の豚、という意味でwild pigということもあるようです。

 

面白いのはイノシシの学名はSus scrofaといい、ユーラシア大陸に沢山いるにも関わらず、日本のイノシシとは少し分類が違っているということ。

 

そのため学会など専門的な会話でイノシシの話をするときは、どちらかというとjapanese boarと言うほうが正確なんですって。

 

さて、Wildという単語は野生の、という意味と同時に天然物の、という意味も持っています。

 

そのため山に生えているキノコや山菜などにはWildを付けることで、天然物であることをしっかりと伝えることができるんですね。

 

他にもWild swineと呼ぶことがありますが、こちらは汚い人や嫌な人に対して使う侮辱の言葉賭して使う場合があり、しかも意味はかなり強めの言い方です。

 

使うときは慎重に言葉を選ぶか、使わずに別の言葉を使うほうが無難でしょう。

 

なおいのしし年を英語で表すとYear of the Boarです、Boarのところに別の動物を入れることで干支の何年かを表すことができます。

 

 

 

いのしし年の特徴はどんなところ?

 

 

干支の最後の動物となるいのしし年、獰猛なイメージがありますが、いのしし年の人は獰猛さやがさつな部分は少なく、なんと言っても清廉潔白、正義感に満ちているという特徴があります。

 

そのため多少頑固なところはあれど嫌われにくく、また裏表が少ない事もあってどちらかといえばみんなの中心になって活躍するような、爽やかなタイプと言えます。

 

しかしながらちょっと落ち込みやすく、冗談が通じにくいという欠点があり、この部分をどのように自分でフォローしていくのかが大きなポイントとなってきそうです。

 

いのしし年が最も優れている点は素直で勤勉なところで、とにかくシンプルイズベストの正確を持ったいのしし年が、更に周囲からの信頼を受けるのに十分な要素を持っています。

 

目上に礼儀正しく、コツコツと仕事をこなし、周囲からの信頼を更に勝ち取っていくというタイプですね。

 

良くも悪くも自我をしっかりと持っているため、性格や考えていることがわかりやすいのですが、邪な面があってもすぐにバレてしまう、それはそこまでの自分の積み重ねが、逆に正しいからこそと言えそうです。

 

辛抱強い部分もあるため、ギリギリまで怒らず、相手と粘り強い交渉や付き合いができるのですが、キレてしまうと強い意志で跳ね除けられてしまうことでしょう。

 

 

 

イノシシ対策に彼岸花って使えるの?

 

 

イノシシ対策に彼岸花が使えるということは、きちんとした研究の結果で証明されています。

 

食べて毒によって追い返すというより、球根の毒などで穴掘りを防ぐという面が強く挙げられています。

 

彼岸花だけでも効果はあるのですが、心配な場合は防護柵を併用すると効果が更に上がりますよ。

 

他にも匂いが強めのものや、唐辛子などがイノシシに効果を発揮します。

 

イノシシ対策として彼岸花を植えたい場合は、10月の開花時期より前の夏頃に球根を植えておく方法が有効です。

 

イノシシ対策として他にも有効な方法も見ていきましょう。

 

効果的なのは周囲の雑草をしっかり取り、犬を飼うということです、彼岸花とセットで対策に使うことで大きな効果を発揮してくれます。

 

また嫌がる薬剤や罠を設置する方法もありますが、こちらは周囲との環境との兼ね合いや、経済的な負担も大きいため、なかなか難しい面もあります。

 

しかし絶対にしてはいけないのは、そこを餌場として覚えさせないことです。

 

その場所を餌場として認識させて覚えさせてしまうと、そこを安全にご飯が食べられる場所として通うようになってしまいます。

 

そうなると追い出すのは非常に難しく、危険な行為になってしまうんです。

 

そのため必ず餌場にならないように、食べ物を置かない、いさせないように気をつける必要があります。

 

 

 

まとめ

 

 

イノシシの英語での言い方は多数ありましたが、boarと覚えておけば大体通じますので、こちらを中心に使っていくのが一番いい方法です。

 

やはり害獣として知られていることが多いイノシシですから、言葉によっては相手を不快にしたり、侮辱したりする言葉に使われていることも少なくないため、使ってはいけない言葉もあるということは忘れないようにしましょう。

 

いのしし年の人は真っすぐで清廉潔白、誰でも付き合いをしたくなるタイプの人です。

 

しかし怒らせてしまうとその分、怒りも真っ直ぐですので、あまり調子に乗らないようにしましょうね!