うどんのカロリーは一人前いくつ?健康に悪い?変色して赤になったら

f:id:mac-dou:20211205204856p:plain

うどんってついつい食べ過ぎちゃうんですよね、お腹にも溜まりますしお昼はうどん!という人も少なくないのではないでしょうか。

 

そんなうどんのカロリーは一人前242カロリーくらいです、おそばやご飯と大きく変わらないのはちょっと意外ですよね。

 

でも結果的に食べすぎてしまうし、うどんって健康に悪いのでは?

 

残念ながら、やはりというか、そういう部分もあって、お医者さんが選ぶ中では体に悪い食べ物とされているんです。

 

しかし一方では体にいい部分もちゃんとありました!

 

うどんは赤に限らず変色しているとあまり良いものではありません、食べないほうが無難です。

 

もっともっと知りたいうどんのこと、きっちりご紹介していきましょう!

 

 

 

 

 

 

うどんのカロリー一人前ってどれくらい?

 

 

うどんのカロリー一人前は242カロリー前後です、これはうどん1人前1玉のカロリーであり、つゆやつけ汁などは含みません。

 

ご飯1膳やそば1人前と大体同じカロリーですが、ご飯と異なり、つゆが必要となるので、調理次第でカロリーはかなり上下することがわかります。

 

もちろんお蕎麦もここば同じですよね、そばつゆ次第でカロリーは高くも低くもなります。

 

一番カロリーが低いのは言うまでもなくかけうどんですが、他のおかずも具として一緒に食べるつもりであれば、むしろ高カロリーのうどんでも問題ないことになります。

 

例えば肉と野菜を一緒にとって、おかずと主食を兼ねているのであれば、例え肉うどんでもカロリーが多少高くても大丈夫ですよね。

 

ただ問題はうどんすきのようなバランスの良いうどんを食べるとき、ついついやってしまいがちなご飯を追加してしまうこと。

 

うどんすきのカロリーはだいたい440カロリーくらいですから、ご飯を含むと700カロリーくらいになります。

 

更に卵を入れてしまうとカロリーはもう少し上がります。

 

また人気のカレーうどんも500カロリー位ですので、意外とカロリーが高い他、炭水化物を気にする人にとっては大敵のうどんとなっています。

 

 

 

うどんって健康に悪いの?

 

 

うどんは健康に悪いという部分が残念ながら大きくあります。

 

とある医師は白い炭水化物は体には悪い食べ物としており、この白い炭水化物は血糖値や、動脈硬化などのリスクを大きく引き上げる可能性があるという研究結果を出しています。

 

当然ながら炭水化物に含まれているグルテンがあまり体に良くないという研究結果がある他、うどんとごはんを一緒に食べてしまうことで糖尿病のリスクが高まるとされているんです。

 

美味しいことは間違いないのですが、美味しいからこそ体にあまり良くないという考え方が強くあるといえるでしょう。

 

しかしながら体にいい部分もうどんにはあります、それは何より消化に良いということです。

 

柔らかく煮ることで胃腸への負担が低くなり、食物繊維も少ないため病人向けの胃に優しいメニューに早変わりします。

 

また固めに茹でることでお腹に溜まりやすくなるという特徴もあるので、実はダイエット向きの食品でもあります。

 

食事を一食うどんに変えることで満足感が増し、先程のように具材などの選択によっては低カロリーのまま楽しむことができるというメリットがあるんですね。

 

うどんは健康に悪いという話もありますが、これは長期的に見たデータであり、一時的に楽しむ分にはほとんど影響は出てきません。

 

食べる場合にはカロリーがある程度高いものだと思って食べたほうがいいですが、体にいい部分もあるということは忘れないでくださいね。

 

 

 

うどんが 変色して赤くなった!

 

 

冷蔵庫に入れていたらうどんが変色して赤くなっていた!なんてことありませんか?

 

残念ながら変色してしまったうどんは、あまりいい状態ではありません、もったいないですが処分したほうがいいでしょう。

 

どうしても食べたい場合は、ニオイや感触を確認し、大丈夫そうと思ってもしっかり熱を通してから食べるのが無難です。

 

実はうどんが原因となっている食中毒は多く、うどんは傷んでいるという感覚が少ないことからついつい食べてしまう人が多い傾向があります。

 

長い間保管しておきそうな気がする場合には迷わず、最初から冷凍庫で保存しておくのがベストの方法です。

 

冷凍しておけば2週間は安心して食べることができますのでおすすめの保存方法となっています。

 

ちなみにうどんはだめになってしまうと、カビが生える、ネバネバした感じになる、ぬめる、ニオイが酸っぱいものに変わっていきます。

 

味は言うまでもなくうどんとは異なる妙な味がするため、美味しいものではなくなってしまいます。

 

この場合は色や日にちに関係なく、もったいないですが処分しましょう。

 

数百円のうどんでも、病院代で何十倍もかかってしまったら全く意味がありません、目の前の欲望より、後々の金額を取るという考え方も忘れないようにしたいですね。

 

 

 

まとめ

 

 

うどんのカロリーはだいたい250キロカロリー位で、ご飯1膳分やそば1人前とほぼ同じカロリーです。

 

消化が良い一方でお腹に溜まりやすいという特徴もあるため、ダイエットに意外と向いている食事です。

 

しかしながら使用する汁や味によってかなりカロリーが変わってくるので、うどんをおかずにご飯を食べるとなると、かなり炭水化物を摂取することになってしまいます。

 

うどんを食べるときはそのあたりも考えながら食べてくださいね。

 

うどんの賞味期限はだいたい一ヶ月なので、ついつい忘れてしまいがちな食材です。

 

最初から冷凍にする、早めに食べるなど、うどんが赤くならないように気をつけましょう。