サッポロ一番っていつからある?値段はいくら?お湯の量はどれくらい

f:id:mac-dou:20211211074641p:plain

様々なインスタントラーメンがある中で、袋麺では誰もがお世話になったことがあるであろう、サッポロ一番、塩味醤油味味噌味など基本の味はほぼ網羅されていますよね。

 

サッポロ一番で最初に誕生したのは醤油味で、1966年に登場しました、2021年現在56年もの歴史を誇ることになります。

 

一時期袋麺単品で売られることが多くなりましたが、最近は5個パックのものが主流となっており、お値段は通販サイトで462円、市場では368円など値段の上下が大きいですよね。

 

調理のお湯の量は500ミリリットルで、ちょうどペットボトルと同じ水の分量となっています。

 

様々なサッポロ一番知識、詳しくご紹介していきましょう!

 

 

 

 

 

 

サッポロ一番はいつからあるの?

 

 

サッポロ一番は最初に販売が開始したしょうゆ味の発売が1966年となっています。

 

サンヨー食品から販売され、味噌派塩派で好みが分かれるほどファンが多いのが特徴ですね。

 

やはり小さい時誰もが一度は食べている、と言っても過言ではない知名度で、インスタント麺の棚でもまっさきに無くなっていることも少なくありません。

 

それだけ私達にとって身近なラーメンとなっており、ひと手間必要な袋麺も5個パックがどんどん売れているんですね。

 

ところでサンヨー食品、サッポロ一番を出している会社ですから、会社は北海道にある、本場の企業なのでは?なんて思っていませんか?

 

実はサンヨー食品は群馬発!しかも長崎タンメンも作っていた会社で、幅広い地域を網羅した企業だったんです。

 

これには理由があって、実は戦争後群馬に製麺所が多く生まれており、また当時生まれたインスタントラーメンが画期的だったことから、これらのラーメン事業に手を出したとのことです。

 

なおこの長崎タンメンですが、現在はちゃんぽんとしてサッポロ一番から販売されていますよ。

 

販売されている商品のパッケージは販売時期が異なっていたことからバラバラのまま、個性として残しているなど、様々なこだわりを残したまま現在も販売されているんですって。

 

 

 

サッポロ一番っていくら位?

 

 

サッポロ一番には袋麺、袋麺5個パック、カップラーメンが存在しますが、単品のものであれば120円前後、5コパックであれば400円前後で販売されていることが多いです。

 

ただこれは少し割高のインターネット通販での話で、店舗でもお店によっては単品であれば100円前後、3個パックであれば360円前後で購入することができます。

 

そのため近所で購入することができるなら、近所で購入したほうがお安く済むこともあります。

 

しかしながらネット通販の強みは大量買いができるということで、5個入りのパックを更にセットにしたものを購入すると、店舗で購入するより安く購入することができますよ。

 

カップ麺と袋麺を比べると、袋麺のほうが安く、カップや具の分のお値段で差がついていることがわかります。

 

現在は原油高騰や材料の高騰など、様々な原因から値上げしているため、原価としては袋麺は111円となっていますが、店舗の工夫があって価格が抑えられています。

 

ただ店舗での値上げは避けきれない状況ですので、安定した価格で購入したいのであればネット通販での購入が無難ですね。

 

サッポロ一番の麺類は様々な味や個性がありますが、しょうゆ味、味噌味、塩味の代表的な味だけで比較するだけでも値段が大きく変わってきますので、お好みの味の値段の上下はチェックしておきたいものです。

 

 

 

サッポロ一番のお湯の量ってどれくらい?

 

 

サッポロ一番のお湯の量は500ミリリットルです、ただし調理のお湯の量は商品によって異なってくるため、蒸発する分も考慮して必要なお湯を沸かしてください、というのがサンヨー食品側の解答となっていました。

 

確かに袋麺での調理やカップ麺の調理ではかなりお湯の量が変わってきますよね。

 

お湯は多いほうがいいのか…と考えますが、中には逆にギリギリまでお湯を減らして食べる猛者もいます、それをテレビで発信したのがマツコ・デラックスさん。

 

規定の500ミリリットルで麺を茹でたあと、スープを入れる手前で、ギリギリまでお湯の量を減らすんですって。

 

目安は麺の3分の2なので、少し少なめ位となります、あとはスープを入れて混ぜて食べるだけです。

 

味はどちらかというと塩味が強いものになり、お酒好きな人にとっては丁度いい塩加減になるとのこと。

 

汁多めのサッポロ一番も美味しいのですが、ギリギリまで減らしたお湯加減のサッポロ一番もかなり美味しいので、具や追加調味料だけでなく、お湯加減でも美味しい食べ方をすることができることがわかります。

 

まずはお好みでお湯の量を調整しながらサッポロ一番を食べてみるのも楽しいかもしれませんね。

 

お好みのお湯の量を見つけて、ぜひ新しい食べ方に挑戦してみてください!

 

 

 

まとめ

 

 

サッポロ一番は1966年からなんと50年以上もずっと製造されている老舗インスタントラーメンとなっています。

 

サンヨー食品が作り出したヒット商品であり、お湯の量や具の追加など様々な追加要素を付け加えて食べることができます。

 

500ミリリットルのお湯で楽しめる袋麺ですが、値上げラッシュの中それでも耐え忍んで頑張っています。

 

カップラーメンのサッポロ一番ももちろん美味しいですが、たまには袋麺のサッポロ一番を楽しんでみるのもいいですね。

 

新しい食べ方や、こだわりを突き通した食べ方など、それぞれの食べ方でサッポロ一番のことを愛してくださいね。