マジパンとはどんな味?作り方は白いのと卵白なしどちらも知りたい!

f:id:mac-dou:20220115065606p:plain

マジパン、聞いたことはあるけど実際どんなおかしなのか知っている人はそう多くない謎のお菓子ですよね。

 

またケーキの細工としてよく使われているやつでしょ、という認識の人も少なくなく、マジパンについては結局お菓子の装飾として知られています。

 

でもこれは半分正解半分不正解です、実はマジパンには二種類あり、この種類のうちの一つがケーキの細工に使われているマジパンとなっています。

 

マジパンの作り方は単純だからこそ難しいお菓子の部類で、なかなかうまくできない人も多いですよね。

 

そこでここではマジパンの作り方も含めて、マジパンについて詳しくご紹介しちゃいます!

 

 

 

 

 

 

マジパンとは?どんな味がするの?

 

 

マジパンには二種類あります、アーモンドと砂糖を2対1で混ぜたローマジパンと言われるもので、卵白を使い、ドイツのお菓子であるシュトーレンに混ぜて使います。

 

このマジパンをローマジパンと呼んでいます。

 

もう一つはアーモンドと砂糖を一対一で練って作るお菓子で、ドイツやスペインで作られているお菓子としてのマジパンです。

 

マジパンには小麦粉は使われておらず、砂糖菓子ですので、マジパンパンといわれるものは洋菓子に分類、砂糖菓子なんですね。

 

マジパンの味ですが、アーモンドと砂糖を練ったお菓子なので、とにかく甘いです。

 

甘いのですがきちんとした職人さんが作ったマジパンには和菓子に似た懐かしい味わいや、八つ橋に近い歯ざわりを楽しむことができるんです。

 

ケーキの飾りやシュトーレンに混ぜる、そのままお菓子としても楽しむことができるお菓子なので、ケーキの飾りと断定してしまわず、お菓子として食べる機会があればぜひ楽しんでみましょう。

 

新しい甘味に懐かしい味と不思議な感覚を覚えること間違いなしです。

 

ちなみにマジパンの起源は、ドイツのマルツィパンで、これは兵糧攻めにあいアーモンドと砂糖でパンを作るようお触れが出された中、聖マルコの日にパン職人からアーモンドと砂糖のパンが配られたことからマルコのパン(マルツィパンですね)という名前がついたということです。

 

 

 

マジパンの作り方・白いものはどう作る?

 

 

白いマジパンは細工用アーモンド1に対して砂糖2の割合で作ると白く、硬めのマジパンができます。

 

具体的にはアーモンドプードル100に砂糖200、卵白は1つ分をよく混ぜれば出来上がります。

 

逆に色を付けるときは製菓売り場で販売されている食用色素を、白い生地に混ぜ込んで着色をしていきます。

 

コツは少しずつ色を入れて色の濃さを調整することです、これをしないととんでもない濃さのマジパンができてしまい、飾りに合わない…ということにも成りかねません。

 

必ず少しずつ色を加えながら指でしっかり練って色をなじませていきましょう。

 

食用色素に無い色はココアや抹茶などの粉の食品を使っていきます、これをすることで色がより自然に出てきてくれるので、わざわざ食用色素を混ぜる必要はありません。

 

食用色素を混ぜるときも少しずつ色素を入れながら混ぜ込んでいくときれいな色が作れますよ。

 

また色々な色をつくる場合は薄い色から作っていきましょう、マジパンを組み合わせたときにきれいな色合いに調整しながら色を作ることができます。

 

マジパンが余ってしまった場合や、少し時間を起きたいとき、細工するとき感想を防ぐにはラップで包んで乾燥を防ぎます。

 

このときマジパンを薄く伸ばしてしまうと乾燥してひび割れやすくなってしまうので要注意です。

 

 

 

マジパンの作り方で卵白なしの方法は?

 

 

急なことで卵白がない、卵アレルギーだから卵白は使いたくないという場合には牛乳大さじ2を加えるとマジパンが作れます。

 

ただ卵白を使わないとマジパン同士はくっつきにくいので、この場合は水を薄く塗るときれいにくっつけることができますよ。

 

またアーモンドプードルが使えない、近くにない場合にはマシュマロで代用するという人がかなり多くいます。

 

マシュマロとくるみや、ミニマシュマロだけで作るマジパンなど実に様々なレシピが存在しています。

 

ではマジパンが余ってしまったら?そういうときはクッキーを作ってみましょう。

 

マジパンに薄力粉、バター、卵などを加えてよく混ぜ、あとはクッキーと同じように作れば出来上がりです。

 

マジパンを飾りとして使ってみたけど余ってしまった…という場合にも便利です。

 

マジパンの甘みだけなので意外と甘さが控えめになっていますので、砂糖やチョコチップを加えても美味しく作ることができますよ。

 

またおなじみのレシピになるのがシュトーレンです、シュトーレンを作るときに中に入れることで本場のシュトーレンを再現することができます。

 

マジパンそのものにアーモンドやくるみなどを入れても美味しくリメイクすることができますので、様々なリメイクレシピを試してみてくださいね!

 

 

 

まとめ

 

 

マジパンの味はアーモンドの香りが豊かで甘い味です、食感は八ツ橋に近く、さくほろといった口当たりを楽しむことができます。

 

マジパンの作り方は非常にかんたんで卵白とアーモンドパウダー粉砂糖を混ぜるだけです、卵白がだめな場合は牛乳大さじ2を使っても大丈夫です。

 

色を付ける場合は食用色素を指で混ぜながら細かく色を作っていきましょう!

 

リメイクする場合はクッキーやシュトーレンがおすすめです、焼くことで歯ざわりも変わってきますので、新たな味わいを楽しむことができますよ。

 

マジパンで華やかなお菓子を作ってみましょう!