温泉はどこでも出るの?美肌になるのはなぜ?のぼせやすいの?

人を温めて癒してくれる温泉。

 

どんな温泉が好きですか?

 

露天風呂だったり、白いお湯や赤いお湯、見た目も効果も様々で、入浴した場所の数だけ「好きな温泉」が増えていきそうですね。

 

日本全国あらゆるところに温泉はありますが、温泉って掘ったらどこでも湧いて出てくるのでしょうか?

 

どこでも温泉になるなんて、ちょっと気になりますね…。

 

温泉に入ったら美肌になったり、のぼせやすくなるのは一体なぜなのでしょうか?

 

温泉について、詳しくご紹介します。

 

 

 

 

 

 

温泉ってどこでも出るの?地質調査が進化している!

「温泉王国」と言われている日本では、確かに日本各地に温泉が存在しているので、どこでも温泉が湧いて出てくるイメージがありますね。

 

「1000メートル掘れば日本国中どこでも温泉が湧く」なんて言われる事もあったそうです。

 

地温は、深度が深くなればなるほど温度が上昇します。

 

100メートルの地下は地表よりも2.5〜3度温度が上がり、1000メートルの地下ならば地表より30〜45度温度が上がると言われているので、確かに深く掘ればそれに伴って温かいお湯が出てきそうな気がしてしまいます。

 

だからといって、必ずしも温泉がどこでも出るというわけではないようです。

 

砂や礫(石ころ)でできている地層ならば掘れば温泉が湧きやすいのですが、固い岩盤同士の中に閉じ込められている温泉を吸い出そうとすると充分な量の湯の確保ができない恐れがあります。

 

現在では温泉の調査が進んでいて、放射能探査や電磁波探査などの調査や、これまでの文献を照らし合わせた結果、掘り当てたい場所の温泉の状況を詳しく知ることができるようになりました。

 

詳しく調査ができるので、むやみに掘らなくても温泉の実態を知ることができるようになったのです。

 

「温泉はどこでも出る」というよりは、「調査して確実に温泉を調べて掘り当てることができる」のです。

 

 

 

温泉に入ると美肌になるのはなぜ?デトックス効果!

温泉は、お湯に含まれている成分が肌に膜のようにくっ付き、体の内側まで温めてくれて血流が良くなります。

 

また、温泉で体全体が温まることによって汗腺だけでなく皮脂腺にも温め作用が行き渡るので、美肌など美容に効果がある「デトックス(老廃物や毒素を排出させること)」を助ける作用があります。

 

温泉の泉質はたくさんあるので、主な美肌効果をご紹介します。

 

塩化物泉は、塩分が肌に付くことで汗の蒸発を防いで冷めにくく、保湿効果があります。

 

二酸化炭素泉は、湯に含まれる炭素ガスが血管を広げて血流を良くします。

 

炭酸水素塩泉の中でも、カルシウム炭酸水素塩泉とマグネシウム炭酸水素塩泉はリラックス効果があります。

 

ナトリウム炭酸水素塩泉は、古い角質を柔らかくしたり皮脂の汚れを落とすような石鹸に似た効果があり、「美肌の湯」の代表的な温泉です。

 

硫酸塩泉は、ナトリウム硫酸塩泉は肌のうるおい効果があり、カルシウム硫酸塩泉は鎮静効果・お肌に弾力を与える効果があり、マグネシウム硫酸塩泉は苦味があるけれど美肌効果があります。

 

硫黄泉は、「シミ予防・シミ抜き」効果があり、単純硫黄型の温泉は解毒殺菌作用が、硫化硫黄型の温泉は代謝を促進させる作用があります。

 

酸性泉は、角質を取り除くピーリング作用があって、くすみを取り除いたり、美白効果、肌のキメを整える作用があります。

 

泉質だけでも様々で、どの温泉に入ろうかと迷ってしまいます!

 

 

 

温泉はのぼせやすいの?かけ湯などしっかり対策しよう!

「のぼせる」というのはどういった時になるのでしょうか?

 

温泉で温まりたいと思う季節は冬が多いと思うのですが、冬は特に寒くて血管が縮んで血圧が上がります。

 

脱衣して熱い温泉に浸かると、今度は交感神経が刺激される上に水圧の効果でさらに血圧が上がるのです。

 

しばらくすると、熱い温泉に浸かっているうちに血管が広がって血圧が下がっていきます。

 

その状態で温泉から出ると、今度は下半身に血液が集まって血圧が下がって脳の血液が少なくなり、フラッと立ちくらみのようになって「のぼせる」のです。

 

血圧が急に上がったり下がったりすることがのぼせる原因になるのですね。

 

自宅のお風呂よりも、温泉の方が湯温が高いことが多いので、温泉でのぼせやすいと感じることが多いのだそうです。

 

温泉に入る前にのぼせ防止対策をすると、安心です。

 

温泉の入浴前にお茶や水などで、水分をしっかりと摂りましょう。

 

入浴前に、かけ湯をすることで急激な血圧上昇を防ぐことができます。

 

できれば湯温が38〜40度のぬるめの温泉を選びましょう。

 

頭に濡れタオルを乗せることで脳に血液が集中するのを防ぐことができます。

 

のぼせ対策をすることで、快適に入浴したいですね。

 

 

 

まとめ

今時の温泉は、あらかじめ機械などで調査してから掘っていくのですね。

 

もしかしたら、温泉どころと言われていない身近な場所にも温泉が増えていくかもしれないです。

 

温泉は温まったり癒されたりするだけではなく、美肌にもなれるなんていいことばかりですね!

 

泉質を調べて、「なりたい美肌」に合わせて温泉を選んでみたいです。

 

のぼせ対策もできたら、あとは温泉を楽しむだけですね。