カーテン一枚だけOK?長さどれくらいがベスト?つけおき洗いする?

カーテンと言えば、ドレープカーテンとレースカーテンの二枚を吊るすご家庭が多いのではないでしょうか?

 

今は、カーテンと一口に言ってもさまざまなタイプのものがあるので、一枚でもちゃんと役割をこなしてくれるカーテンがあるそうです。

 

でも、いざカーテンを吊るすとなると、ちょうど良い長さって迷ってしまいますよね〜。

 

窓のサイズや場所によってはふさわしい長さがあるのでしょうか?

 

また、お手入れとして選択方法も気になりますよね。

 

そんなカーテンについて、ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

カーテンって一枚だけでもOK?優れもののカーテンがある!

カーテンレールは、注文住宅のように好みのものを組み合わせて取り付ける家ではなかったら、カーテンと、レースカーテンを二重に吊るす事ができるように、二本取り付けてある場合が多いですよね。

 

でも、二本カーテンレールがあるからといって必ずしもカーテンを二枚吊るさなくても良いのを知っていますか?

 

カーテンは、本来目隠しや夏の暑い日差しや冬の寒気を遮るという役割があります。

 

従来のレースカーテンは、文字通りレースの透ける美しさが魅力で、「透ける」ゆえに一枚だけでは目隠しができませんでした。

 

ところが、最近ではレースカーテンの技術が発達して、新しいタイプの「ミラーレースカーテン」「遮像レースカーテン」があるんです。

 

「ミラーレースカーテン」は、表面に光沢のある糸を使用することで、鏡のように太陽の光を反射し、その結果昼間の室内の様子が見えにくくなるという効果があります。

 

「遮像レースカーテン」は、生地全体に特殊繊維が使用されていて、昼だけではなく夜も室内の様子が見えにくくなっているので、これ一枚でカーテンの役割を果たしてくれるという優れものです。

 

カーテンが部屋の雰囲気を圧迫しているように感じたり、昼間でも暗くなってしまうならば、思い切って遮像レースカーテン一枚だけを吊るしてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

カーテンの長さってどれくらいがベスト?窓タイプによって違う!

カーテンの長さ、つまりカーテン丈は、窓のタイプによって少し違います。

 

窓のタイプには、人の腰の高さ位にある腰高窓と、リビングからベランダに出ることができるような、床面にまで広がっている掃き出し窓、他に天窓や高窓、出窓などさまざまな種類があります。

 

ここでは、腰高窓と掃き出し窓のカーテンの長さについてご紹介します。

 

腰高窓の場合は、カーテンレールのランナーの下から窓枠の下まで測って、それに15〜20センチメートルを足した長さです。

 

デザイン的にはこの方がスマートですが、あくまでもオススメの長さという事なので、しっかりと外からの熱や寒気を遮りたい場合は、腰高窓でも掃き出し窓と同じ採寸方法をする場合もあるそうです。

 

掃き出し窓の場合は、カーテンレールのランナーの下から床までを測って、そこから1センチメートル引いた長さです。

 

掃き出し窓のカーテンを吊った時に、長いと床に擦れてしまいますし、短いと外からの光が必要以上に漏れてしまうので注意が必要です。

 

縮めたり伸ばしたり縫い直す手間が面倒な位の微妙な長さに悩んだ時には、カーテンの長さを微調節してくれる、便利なカーテン用アジャスターフックがあるので、心配はいりません。

 

 

 

カーテンのつけおき洗いはどうやって?汚れ別に方法があります!

カーテンは、毎日のように洗濯するタオルや下着のようなものとは違い、年中使用されているために汚れが溜まっている可能性が高いです。

 

そこで、一度大きなタライや浴槽などたくさん水をためておけるところにつけおきしてから洗濯すると、よりキレイに洗うことができます。

 

カーテンレールからカーテンを外し、カーテンフックも外してから洗いましょう。

 

カーテンをチェックして、それほど汚れていない様子ならば、液体中性洗剤を溶かしてつけおき洗いします。

 

汚れが目立つようならば、洗濯表示を見て使用可能な粉末の酸素系漂白剤・粉末洗剤を使うことをおすすめします。

 

レースのカーテンも多くは白や淡い色のものが多いので、汚れの大小に関わらず酸素系漂白剤を使うと仕上がりがキレイですよ。

 

つけおきが終わったら、ネットにカーテンを入れて洗濯機で洗います。

 

中性洗剤のみで、つけおきの水がそれほど濁っていなければ、軽くすすぐ程度で良いのですが、つけおきの水が黒くなってしまうくらいに汚れていたり、酸素系漂白剤を使用したカーテンは、洗剤を入れて通常の洗濯方法で一通り洗うことをおすすめします。

 

キレイになったカーテンを吊るした部屋は、いつもよりさっぱりと気持ちがよくなることでしょう!

 

 

まとめ

カーテンというと二枚吊るさないといけない、とばかり思っていましたが、機能性が高いレースのカーテンの登場で、選択肢が増えましたね。

 

窓の周りに気にするような人通りがないようなお宅向けに、機能性カーテンではなく、天然素材の麻でできたステキな一枚カーテンを吊るすというスタイリッシュな商品もあるようですよ。

 

カーテンの長さは、採寸が難しそうだと思っていましたが、微調節ができるフックもあるので、模様替え気分で変えてみるのもいいな、と思いました。

 

お手入れも、つけおきすることでキレイと清潔を保つ事ができるので、トライしてみませんか?