ソーキそば肉の名前は何?麺の特徴と汁の作り方について

f:id:mac-dou:20211114192322p:plain

 

ソーキそばを食べたことはありますか?

 

今では各地の飲食店で食べる事ができたり、冷凍食品としても販売しているのでどこでも味わえますが、発祥は沖縄なんですよね。

 

どんな蕎麦なのかなと思い、初めて食べた時に日本の蕎麦とは違っていてラーメンに近い麺だったという事にとても驚いたのを覚えています。

 

また、ソーキそばには大きな肉が乗っていますが、これはどんな肉なのか知っていますか?

 

ラーメンのようだと思いながら汁を味わうと、うどんを味わっているかのようなかつお出汁の味がして、このソーキそばは食べ終わるまで不思議がいっぱい詰まった美味しい食べ物なんです。

 

そんなソーキそばを詳しくご紹介します。

 

 

 

 

 

 

ソーキそばの肉の名前ってなんていうの?スペアリブのこと?

 

 

ソーキそばは沖縄そばの一種です。

 

沖縄そばには、かまぼこ・錦糸卵・ねぎ・紅生姜などと共に、味付けされた皮付き三枚肉が具として使われています。

 

三枚肉とは、豚バラ肉の事で、断面を見ると脂身と赤身が交互に3層に見えることからこの名が付きました。

 

ソーキそばにもゴロっと骨つきの肉が乗せられていますが、あの肉の名前は正式名称は何でしょうか?

 

調べていくと「沖縄そばの上にソーキを乗せたもの」がソーキそばという事なので、肉の名前はソーキなのだとわかりますが、この「ソーキ」とは一体どんな意味なのでしょうか?

 

「ソーキ」は沖縄の言葉で、「豚の骨つきあばら肉(スペアリブ)」の事です。

 

「ソーキ」は梳(すき)のなまりからできた言葉で、豚のあばら(肋骨)の形が櫛に似ていることから、あばら肉もソーキと呼ばれるようになったそうです。

 

ソーキには「本ソーキまたはAソーキ(骨が硬い)」「軟骨ソーキまたはBソーキ(骨も肉も柔らかい)」の2種類があります。

 

元々はソーキそばには本ソーキが使われていて、骨は食べる事ができませんでした。

 

今は軟骨ソーキを使う方が多くなっていて、甘辛く味付けされて煮込まれた肉と共に、柔らかくなった軟骨も一緒に美味しく食べることができます。

 

 

 

ソーキそばの麺に特徴がある?中華麺と同じ!

 

 

ソーキそばの麺は沖縄そばの麺と同じタイプのものが使われています。

 

沖縄そばは日本に昔からある麺とは違い「かんすい」を使用し、中華麺と原料・製法が同じで、仕上げに油処理をする事が特徴です。

 

1415世紀頃に中国から伝わった麺が沖縄そばの始まりなのではないかという一説があり、沖縄が中国文化の影響を受けている事がよくわかりますね。

 

小麦粉100%・かんすい・食塩・水で作り、かんすいの代わりにガジュマルなどの木炭の灰を水に溶かした上澄み液である灰汁(はいじる)を使う「木灰(もっかい)そば」というものもあります。

 

「沖縄そば」という名称でありながら、蕎麦粉を使用していなくて、日本古来の蕎麦の規格である「蕎麦粉30%以上」の条件を満たしていない為に公正取引委員会から名称について指摘を受けましたが、沖縄そばを愛する住民の願いがかなって、1987年に「沖縄そば」と正式に名乗ることを許可されました。

 

麺の形状も地域によって違いがあるのでいくつかご紹介します。

 

固めの平麺は、沖縄本島北部に多い平たい麺です。もちっとして食べ応えがあります。

 

中型ちぢれ麺は、那覇など南部で食べられています。ちぢれているため、汁がよく絡みやすく一般的なので初めて食べる人におすすめです。

 

細長丸麺は宮古島や八重山諸島などの離島でよく食べられています。ツルッとした食感が美味しいのだそうです。

 

 

 

ソーキそばの汁の作り方って?茹で汁を使う!

 

 

ソーキそばの汁は、ラーメンのようなうどん出汁のような味なのですが、このような複雑な味を簡単に家庭で作ることはできるのでしょうか?

 

いくつかのレシピサイトを見ていたらソーキそばの汁には「ソーキを茹でた汁」「鶏がらスープ」「出汁鰹または和風だしの素」というこの3つの材料がポイントになっていました。

 

肉と鰹の出汁の旨味に加えて、鶏がらスープを加えることで味に深みが増して美味しくなるようです。

 

肉(ソーキ)の茹で汁を使う事で、無駄なく美味しいソーキそばの汁が作れるのでご紹介します。

 

4人分の分量では、肉を2回茹でる内の1回目の茹で汁300ccを同量の水、鶏ガラスープの素小さじ2分の1、カツオの粉末小さじ1、薄口醤油小さじ1、塩適量と共に鍋に入れて煮立たせます。

 

薄口醤油が手に入らない時は、濃口醤油小さじ2分の1に食塩0.5グラムでも代用できます。

 

煮立った汁を器に注いで、茹でてから甘辛く味付けしたソーキとレンチン(目安として一袋一人前の分量で600w1分加熱します)した沖縄そばをネギや紅生姜と盛り付けて出来上がりです。

 

お店や冷凍食品でしか再現できないと思っていたソーキそばが家庭でも美味しく作れてしまいます!

 

 

 

まとめ

 

 

ソーキの語源が梳(すき)からきているというのが、言葉って面白いなぁと思いました。

 

沖縄そばに使われている三枚肉という呼び方も、普段は豚バラ肉という名前でしか知らなかったので初耳でした。

 

豚肉を無駄なく上手に使いこなす沖縄の人たちの事だから、豚肉の部位の違いなどにも詳しいのだなと感心してしまいます。

 

ソーキそばの麺にも地域別にいくつかのタイプがあって、食感もそれぞれに違うのがとても興味深かったので、全部試してみたくて沖縄に旅行に行きたくなってしまいました。